二の腕のブツブツを正しく除去して青春を謳歌しよう

婦人

肌の炎症を防ごう

敏感肌を改善させるには肌を保湿させることが最重要です。肌の保湿を心がけることで乾燥肌の予防にもなります。保湿には化粧水だけでは不十分なので、保湿用のクリームも併用しましょう。化粧品を選ぶ際にはエイジングケア化粧品と書かれたものにすると安全です。

簡単ケアで魅力的な目元に

まつげが抜ける原因としては、過剰なアイメイクやストレスが考えられます。ヘアサイクルを重視した美容液タイプの化粧品なら、成長を活発にしながら、強く・美しいまつげを育てます。ダメージケアの効果も期待できますので、毎日のお手入れに取り入れて、健康なまつげを目指しましょう。

鮫肌でお悩みの方に

女の人

角栓を除去すれば治る

二の腕のブツブツがコンプレックスになっている方は、思春期の女性を中心に数多く見られます。主として10代前半から20代ぐらいまでに多い症状ですが、30歳になっても治らない方もいます。二の腕のブツブツは医学的には毛孔性苔癬という病気の一種で、毛穴に角栓が詰まることで発生します。放っておいても重症化することはありませんが、見た目が気になるので悩みの種になりがちです。二の腕のブツブツは角栓を除去すれば治すことができます。しかし針などを使って無理やり取り除いたり、ナイロンタワシでゴシゴシ擦ったりすると、肌を傷つけて化膿したり跡が残ったりする恐れがあるので、絶対にやらないようにしてください。どうしても気になるようなら、皮膚科や美容外科のクリニックで、ケミカルピーリングやレーザー治療を受けるという方法もあります。また二の腕のブツブツは自分でケアすることも可能です。まず尿素やレチノール誘導体などが配合されたクリームを使用して、角栓を柔らかくし除去しやすくします。優しく洗って角栓を取り除いたら、グリチルリチン酸ジカリウムなどの成分で炎症を抑えます。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌され、角栓が詰まりやすくなるため、ニキビケアと同じように保湿することも大切です。セラミドやヒアルロン酸の配合された化粧品が、肌の保湿に効果的です。刺激の少ない化粧品で根気よくケアを続ければ、二の腕のブツブツを目立たなくできるでしょう。

きれいな目元は大事

人の第一印象のほとんどは目元で決まるため、印象をよくしたければ目元をよくすることが必要です。美容液を使えばまつげを整えることができますが、保湿のできる物、まつげにハリが出る物と種類が多いため、どの美容液にするかをよく考えましょう。

Copyright © 2017 二の腕のブツブツを正しく除去して青春を謳歌しよう All Rights Reserved.